乳首の色を気にし過ぎていた学生時代の思い出

思春期の頃、女子同士でもこういった話題が会話の中で上がることがあります。その時、私が初めて知ったこと。

それは乳首の色が黒い子は遊んでいるというものでした。

★資料★乳首が黒い悩み解決サイト|ちくびをピンクにしたい!

その時は実際、他の女の子の乳首がどのような色をしているのか注目して見たこともなかったので、自分の色はいったいどうなのか、これは果たして黒いのか、きれいな色なのか、分からないまま結構長い間悶々としていた記憶があります。

ですが、更衣室での着替えの時にドキドキしながら初めて意識して観察してみたところ、黒い人もいればそうでない人もいる、人それぞれなのではないか、と感じました。

あまりに気にし過ぎて、たまらなくなり、恥ずかしかったけれど母親に尋ねてみたところ、母親も色なんて関係ないのよと教えてくれたので、心からホッとしたのを覚えています。

それでも黒い色よりはピンクがかった綺麗と思われる色の方が良いのではないか…と思い、色々調べた結果、マッサージや塗るクリームなどがあることを知り、マッサージは手軽に出来るので、毎日やるようになりました。塗るクリームはマッサージでどうにもならなかったら考えようと思ったまま、結局頼ることなく現在まできてしまいました。

自分の心配がはじめのころよりも薄れてきたせいだとは思いますが、現在では時々悩み相談などで目にすると、ああ、私もすごく悩んでいた時期があったなぁと思い出すぐらいです。

乳首の色で人格まで決められる訳ではありませんので、そんなに気にせず過ごしてくださいね。