投稿者「guj6FEmShpPC」のアーカイブ

私のポイントを返してぇ~

某コンビニでの腹立たしい出来事。最近 こんなに腹が立ったことはないくらいです。

私は ポイントを貯めるのを すごく楽しみにしています。同じく 好きな人はわかってくれると思いますが 頑張って貯めたポイントで ご褒美的に なにかを買うのが楽しみなんです。ポイントで。

ところが 先日 某有名コンビニ。旦那が買い物をするというので カードを預けました。その時のポイントは6000P弱。カード内のチャージ金額残が 1,100円。その日の購入金額が 1,605円で 505円足らず。そこで 旦那は ポイント500円分を現金化して 5円を現金で支払うと ポイント貯めが好きな私のために 最適な指示を出したらしいのですが なんと コンビニのおばちゃんは 私の大切なポイントを全部 現金化してしまったらしいのです。

あまり 深くは考えていなかった旦那。家に帰ってから一言。「そういえば ポイント全部 現金化されたよ」とコンビニでの詳細を話し始めました。頭に血が上った私。

即 コンビニに電話を入れました。「なんてことをしてくれた!」「申し訳ございません。操作を間違えました」私の あまりの怒りに驚き「これから すぐに謝罪にお伺いします」「謝罪はけっこう!ポイントを返して!」「申し訳ございません。一度 現金化したポイントは返せないんです」「…………………」

すぐに 伺うと言ったのに 1時間経っても 来る気配なし。私の怒りはおさまらず 再度 電話をしました。すると「他にも お客様がいらっしゃいますので……すぐには…」との返事。私も 客じゃないのかぁ!オーナーは いないのかぁ!

その後 しばらくして オーナーが手土産を持って やってきましたが 私は その手土産を受け取ると 今回の事態を許してしまうような気がして 突っ返しました。

私は 現金化された そのカードを使い ショッピングセンターで 泣く泣く買い物をしてきました。本当は 10000Pで買い物したかったのに。う~悔しいです。本当に悔しいです。

最近掃除が好きになりました

最近トイレ、お風呂、部屋掃除を朝にすることにハマっています。

ハマっているという書き方は少し変な表現かもしれないですが、最近は前に比べて掃除をするようになりました。

理想は毎日ですが、疲れている時もあるので2日に1回でも良しと自分の中で決めています。

なぜ以前より掃除をするようになったかというと、汚れを溜めれば溜めるほど掃除するのが億劫になってめんどくさいと思ってしまうので

少しづつ掃除をすれば良いということに気付いたからです。

私の掃除はトイレから始まります。

トイレ掃除をすると金運が上がる!特に素手ですると良い!と聞いたことがありますが私は100円ショップで売っている使い捨ての手袋を愛用しています。

とにかくトイレが綺麗になればOKなのです。

次はお風呂です。

バスタブを丁寧に洗って排水口のゴミも取りスプレーをかけて消毒します。

数分置いている間に掃除機を使い部屋の掃除機掛けを行います。

なぜか私の家はホコリがたまりやすいので毎日どこからかホコリが出てきてたまってしまうのです。

その後はクイックルワイパーを使って床を拭くとピカピカになりとてもスッキリした気分になります。

お風呂のスプレーも流してこれでお風呂と部屋の掃除が完了です。

掃除の後に綺麗な部屋でお茶を飲むことが私の幸せです。

乳首の色を気にし過ぎていた学生時代の思い出

思春期の頃、女子同士でもこういった話題が会話の中で上がることがあります。その時、私が初めて知ったこと。

それは乳首の色が黒い子は遊んでいるというものでした。

★資料★乳首が黒い悩み解決サイト|ちくびをピンクにしたい!

その時は実際、他の女の子の乳首がどのような色をしているのか注目して見たこともなかったので、自分の色はいったいどうなのか、これは果たして黒いのか、きれいな色なのか、分からないまま結構長い間悶々としていた記憶があります。

ですが、更衣室での着替えの時にドキドキしながら初めて意識して観察してみたところ、黒い人もいればそうでない人もいる、人それぞれなのではないか、と感じました。

あまりに気にし過ぎて、たまらなくなり、恥ずかしかったけれど母親に尋ねてみたところ、母親も色なんて関係ないのよと教えてくれたので、心からホッとしたのを覚えています。

それでも黒い色よりはピンクがかった綺麗と思われる色の方が良いのではないか…と思い、色々調べた結果、マッサージや塗るクリームなどがあることを知り、マッサージは手軽に出来るので、毎日やるようになりました。塗るクリームはマッサージでどうにもならなかったら考えようと思ったまま、結局頼ることなく現在まできてしまいました。

自分の心配がはじめのころよりも薄れてきたせいだとは思いますが、現在では時々悩み相談などで目にすると、ああ、私もすごく悩んでいた時期があったなぁと思い出すぐらいです。

乳首の色で人格まで決められる訳ではありませんので、そんなに気にせず過ごしてくださいね。

秋は美味しい食べ物がいっぱい

ようやく暑い夏が終わって涼しい日が増えてきました。

秋と言えば、食欲の秋!ということで私は日に日に食欲が増えてきています。

そして秋になるとお菓子やスイーツなどのパンプキン味やマロン味が増えてきて両方好きな私にとってはとても嬉しい季節です。

先日コンビニで好きなチョコのマロン味が発売されていたので思わず買ってしまいました。

某有名アイスクリームメーカーからもパンプキン味のアイスが発売されたので食べるのが楽しみです。

そして秋と言えばサンマです。

私はサンマが大好きで先日遂にスーパーで買いました。

その日の夜に焼いて大根おろしと一緒に食べました。

すごく美味しかったのでついついご飯も一緒にいっぱい食べてしまいました。

いつもはダイエット中なので夜はご飯は食べないようにしてるのですが、この日は特別でした。

それにしてもサンマと大根おろしって最高の組み合わせですよね。

サンマ以外では最近北海道産の秋鮭も買って食べました。

脂がのっていてこれもものすごく美味しかったです。

秋は美味しいものがいっぱいなので太らないように気をつけなきゃと思っていますが

美味しい物を前にすると食欲が爆発してしまいますね。

適度に運動もして美味しい物もいっぱい食べようと思います。

トリプルパンチで将来が不安な私の目

建築設計にかかわる仕事をしているので細かな図面を見ることが多く、

20代のころから疲れ目には悩まされました。

まず目の奥が痛くなり、次にこめかみ、最後は頭痛や肩凝りまでするほどでした。

近視が強く疲れやすいので遠くを見るようにと眼科医には勧められますが、期日に追われる仕事中はそんな悠長なことはしていられません。

一段と近視が進んだこともあり、少しでも負担を軽減するためにコンタクトレンズから眼鏡に変えました。

一進一退、好不調を繰り返すうちに業務の中心がパソコンを使った作業になりました。

自分でも不思議ですがパソコンの作業中は瞬きの回数が減るらしく、不調の原因は疲れ目プラスドライアイになってしまいました。目の下の痙攣も頻繁に怒り出しました。

さらに追い討ちをかけたのが老眼で、近くの小さな文字が見えなくなった時は愕然としました。

近くにも遠くにも焦点が合わない目で仕事をすると疲れ目がひどく、疲れ目がひどいとますます視力も落ち、ドライアイによるゴロゴロとした異物感が頻発します。

私の趣味はフランス刺繍と読書でしたが、仕事以外では目を休めるために封印しています。

目薬だけでなくサプリメントを服用したり、温めたり、冷やしたりと色々と努力しています。でも、どれも効果ははかばかしくないので将来が不安です。

お天気の良くない日は、水周りの掃除の日

雨や曇りの日が続くと、主婦にとっては洗濯物が乾かなくて憂鬱な日々も続きます。

出来れば部屋干しはしたくないけど、何時降られるか分からないような空模様では、安心して洗濯物を外にも出せません。

そのうえ、買い物なども遠出を避けて、どうしても家の中に閉じこもりがちになってしまいます。

雨のばかーーー!と、空に向かって叫んでもこればかりはどうしようもない。

鬱々と籠っていても仕方ないので、雨や曇りで湿気の多い日は、この時とばかり掃除に励むことにしています。もちろん、乾嫁さないと行けないようなワックス掛けや拭き掃除は、避けますけどね。

随分前に情報番組か何かで見たんだと思うんですけど、湿気が多いと言うことは、汚れも少し浮き出していて、落ちやすいんだそうですよ。

場所としては、台所のシンク周りやガスコンロ、換気扇周りの油汚れや、お風呂や洗面所洗濯機置き場の排水口なんかですかね。

良くないお天気が続くと、どうしても水周りの匂いやカビも気になってきますよね。

そういう所をお天気を理由にやっつけるとスッキリします。

お天気の悪い日は、家の中で細々お掃除と割り切ってみると、お天気の良い日に気持ちよく出掛けられるます。

次の雨の日には、ベランダに思いっきり水を流してゴシゴシ掃除をしようと計画しています。

無事に町内会のお祭りを、やり遂げて参りました。

今年は町内会の役員をやっています。持ち回り制なので、数年ごとに順番に回って来るのですが、年々町内の世帯数が減っているため、何だか回って来るサイクルが短くなってきています。どこの自治体も似たようなものなのでしょうが、大変ですよね。

さて町内会のメインイベントと言えば、言わずと知れた「お祭り」です。我が町では先週の土日に執り行われ、無事、やり遂げて参りました~。

役員といえども、私と夫なんて、まだまだ下っ端。事前のテント設置やら、お酒やツマミの買い出し、子供神輿に配るお菓子の分配やら、合間の皿洗いetc…とにかく雑用でこき使われました。まあ他の役員の方々は皆さん高齢で、「働かせるどころか動かすのも無理!」みたいな面子だったので、仕方ありませんね。

たまに隣のおばあちゃんから、「良く働くね~」とねぎらいのビールを飲ませて貰い、頑張りましたよ。

お祭りは力仕事も多く大変なのですが、やはり良い物ですね。役員が回ってくる時は、「今年は祭りの係か~」と憂鬱な気持ちになるのですが、終えてみると「楽しかったな」といつも思います。

また4年後くらいに係りが回って来ます。その時も文句を垂れつつ、結局「楽しかったね」と夫と言い合うのかな。神輿が重くて背中を痛めた夫に、湿布を貼りながら思いました。

クローゼットの中は不用品でいっぱい

私は片付けが苦手で、特にクローゼットはぐちゃぐちゃです。
だから着たい洋服とバッグやストールなどのコーディネイトがすぐにできないので、いつも時間がかかり、納得しないまま出かけることがあります。
このままではいけないと一念発起して、片付けをすることにしました。
今まで片付けの本は沢山読んだことがあります。
最初はいつも張り切ってやるのに、途中で疲れて止めてしまうのが私のパターンです。
そこで、クローゼットの半分だけをやることにしました。
最初に入っている物を全部出してみたら、今まで忘れていたバッグと洋服が出てきて驚きました。
ちょっと得をした気分になり、テンションが上がりました。
まず、いるもの、いらないものを分けることから始めましたが、いらない物が思った以上に多く、ゴミ袋がすぐにいっぱいになってしまいました。
気に入っていても汚れがあったり、サイズが入らなかったものは思い切って捨てることにしました。
すると、だんだん捨てることに慣れてきて、バッグや靴下、帽子などもどんどん仕分けをすることができました。
結局2時間半の作業で、ゴミ袋3個になったのでかなりの達成感がありました。
もちろん、クローゼットは半分以下になり、隙間もできて嬉しくなりました。
この状態をキープするために、写メを撮っていつもチェックしようと思っています。
片づけをしたら心も軽くなって大満足でした。